2chで出てくるFX市況まとめ

デイトレード

FXでデイトレードをしていました。本を何冊か読んだり、ネットで研究したりしてある程度のレベルまで来たと思いますので、私が役立ったと思う事とあまり役に立たなかった事を紹介したいと思います。

まず役に立った事です。チャート表は自分に合ったものをパソコンのデスクトップに貼り付けておきましょう。取引の会社のチャート表だけでなく使いやすいチャート表を見れるようにしておくと便利です。

一方役に立たなかった事は、FXの専門書です。私はおもに過去のチャートの形を分析して、今後の動きを予測する専門書を二冊ぐらい読みましたが、あまり参考になりませんでした。ここ最近の動きは過去のチャートの動きだは予測できない事が多いようです。

 

海外のFX業者を使う理由

FXの人気は相変わらず高いですが、その中でも最近人気上昇中なのが、海外のFX業者を使った取引です。でも海外のFX業者での取引は、まだまだ一般的ではなく、一部の人しか知らないのが現実です。

ここで待てよと思う人も多いかもしれません。それは日本国内にも多くのFX業者が存在しており、最近では業者間の競争によって、そのサービス内容や条件も、以前に比較してだいぶ良くなりました。そんな中で、なぜ海外のFX業者を使う理由があるのでしょうか。そしてなぜ人気を得ているのでしょう。

日本国内のFX業者のサービスが、この先どんなに良くなっても、超えられない壁が存在します。それは法律という壁の存在です。FXに限りませんが、日本という国は、法律で規制することが大好きです。そしてその規制によって、その商品の魅力が薄れてしまっても、法律はお構いなしです。この状況は、FXにも当てはまるのです。

 

xm
XEマーケットは、近年多くの日本人トレーダーを魅了している海外FX業者です。リクォートが無い取引環境、最大888倍ものハイレバレッジ、低スプレッド、追証が発生しない0カット制度など、トレーダーにとって非常にありがたいサービスが充実しています。特に、口座に入金するだけでボーナスが加算される入金ボーナスは注目すべき魅力です。

口座開設後の初回入金時には30%が、2回目以降の入金時にも10%のボーナスを貰うことが出来ます。定期的にキャンペーンも実施されていて、100%ボーナスという驚異的なボーナスが加算されることもあります。あまりFXに回す予算が無い個人投資家にとって非常にありがたい話です。社会的知名度・信頼度も高く、英国FSAライセンスを取得しているため、万一経営が破綻しても顧客の資産は20,000ユーロまで確実に保障されています。XEマーケットは、日本人トレーダーでも安心して利用できる素晴らしいFX業者と言えます。
ifo
アイフォレックスを代表する機能のひとつが、「FXnet Trader(FXネットトレーダー)」と呼ばれる高性能取引ツールです。ひとつの画面内に取引に必要なあらゆる情報が収められており、しかも参照しやすいよう非常に洗練されたレイアウトになっています。さらに、高度なカスタマイズ機能も備えているため、個人の好みに応じて使いやすいようにレイアウトを変更することもできます。

このように優秀なインターフェースを備えたアイフォレックスですが、現在新規向けキャンペーンを行っており、新規に開設された口座に10万円以上の入金があれば、漏れ無く10,000円分のトレーディングチケットが配布されています。この機会にアイフォレックスで新規の取引を、また経験者の方は業者の乗り換えを試してみてはいかがでしょうか。
fxnet
FxNetは、完全なSTP方式(直接カバー先の金融機関にオーダーを流す)を採用しています。MM方式(マーケットメイカー。ブローカーを仲介)とは違い、トレーダーに公平なFX業者だと言えるでしょう。トレーダーに提供される取引ツールも優秀なもので、リクオートも注文拒否もなく、すべてのトレードが1秒以内に約定されます。スカルピングやヘッジングなども可能です。

FXNetは100%の信託保全を起こっているというから驚きです。英国最大手のバークレー銀行などで信託分別管理がされているため、もしもの場合にも安心できます。利用者の立場に立ったサポートで有名なFxNetは、もっとも注目しておきたい業者のひとつではないでしょうか。
pepperstone
Pepperstoneでは、スタンダードアカウントで、USD/JPY (1.0~1.7pips)、EUR/USD (0.5~1.8pips)、GBP/USD (1.0~2.2pips)、RAZORアカウントで、USD/JPY (0.1~1.2 pip)、EUR/USD (0.1~1.0 pip)、GBP/USD (0.1~1.1 pip)と、世界水準よりスプレッド幅が狭いと言われる日本の業者よりも、さらに狭いスプレッド幅が維持されています。

このPepperstoneのスプレッドは、変動スプレッドであるにも関わらず、取引量が少なくて流動性が低い時間帯であっても、流動性が高い重要経済指数の発表前後であっても、スプレッド幅が大きくぶれない点が特徴です。
24option
24optionでは購入したオプションの権利を放棄することが可能です。60秒オプションを除く3種類のハイローオプションは、それぞれ15分間のうち最初の10分間まで購入することができ、その間であればいつでも権利放棄することができます。ただし最後の5分間だけは、オプションが締め切られるため買うことも権利放棄することもできません。

予想外の展開となった場合は途中で損切りしたり、期限まで待てない判断したら利益確定するのも1つの戦略です。24optionのバイナリーオプションは、勝った場合には投資金額の75~89%のといった非常に高いリターンを受け取ることができます。さらに、バイナリーオプションは制度上、最大損失と最大利益が予め決まっていますから、予定外に損失が発生する事はありません。 FXの場合は、相場の大きな変動で予想外の損失が発生する可能性や、逆指値注文がスリッページすることにより予想外の損失が発生するとリスクがあります。それに比べ、バイナリーオプションは例え負けたとしても、その損失は確定しているため、予定外の損失が発生する事はありません。


FXへ投資する魅力はたくさんありますが、その大きな魅力の1つは、簡単に言うとFXでは、レバレッジを効かせることで、本来自分が持っている資金よりも大きな金額の効率的な取引ができることです。このレバレッジという仕組みは、株の先物取引などでも利用されていて、投資の世界では特殊なものではありません。

そして日本国内では、FXのレバレッジは、最大で25倍までに制限されています。しかし海外のFX業者では、この規制は受けませんので、業者によって400倍~1000倍のレバレッジが設定できるようになっています。つまり日本国内のFX業者でFXに投資するよりも、何倍も効率的な資金運用ができるのです。

レバレッジが大きくなるとリスクが大きくなるという誤解をしている人も少なくないようです。レバレッジが何倍であろうと、どれくらいの金額を投資するのかの判断は投資家個人です。またすでに預けてある証拠金以上の損失が出ないような対策を、ほとんどの海外FXの業者はしています。つまり海外FX業者なら、リスクが小さい、効率的な資金運用が可能なのです。

また海外のFXの業者というと、言葉の心配をする人もいるかもしれません。しかし日本人向けにサービスを提供している業者のほとんどは、日本語のホームページや日本語のユーザーサポートを用意しています。普通にFXをしているだけならば、その業者が海外の業者であるということを意識することは、まずないと言って良いでしょう。

また海外FXの業者は、世界を相手に商売をしているので、サービスが充実しています。証拠金口座への入金でウェルカムボーナスがもらえることやその金額の大きさなどは、その代表的なものと言えます。

他にも海外FXを業者を利用するのは、取扱いの商品の豊富さや手数料の安さ、スプレッドの狭さなどメリットがたくさんあります。純粋に業者のサービス内容や信頼性を比較すると、日本国内の業者を選ぶメリットはないと言っても過言ではありません。

太陽光発電に対する投資の取り組みは、昨今全国的な規模で実施されるものとなりつつあります。

太陽光投資への関心が強くなる一方で、実際に太陽光の発電パネルを設置して電力を賄っている場所への投資が推奨される動きも本格化しています。太陽光発電の仕組み自体に対する投資が最も高い頻度で展開されていると考えられており、ソーラーパネルが多く設置される場所には投資が高い頻度で展開されることも実現され始めています。近頃では、全国の各地で太陽光に関する仕組みが本格的に整備されていると推測されており、このような動向が活性化されています。

太陽光投資に参画する個人や企業は、年々増加の一途を辿っています。その背景には、多くのところで太陽光発電が新たに展開されるようになったことが大きく関与していると認識されており、ファンドが参画して太陽光発電の仕組みに投資を図るケースも飛躍的に増加しています。このような情勢が各方面で見受けられることに伴い、以前に比べて高い頻度で太陽光発電への投資が実現されるのではないかと思います。また、利益を得る可能性についても、太陽光発電が継続的に展開される場所ほど高くなるとみられていることから、メリットとして捉えられています。

新規に太陽光発電の仕組みやパネルの設置が実施されることろに対しても、積極的に投資が展開されています。最近では、場所を選ばず太陽光発電の仕組みが新たに整備される状況もしばしば見受けられており、複数の太陽光発電を行う場所に分散して投資を図る事例も増え始めています。このような特徴も年々如実なものとして見受けられるようになってきていることから、太陽光投資の頻度が向上することに繋がっています。全国的にこの傾向が見受けられているため、話題としても取り上げられているのではないでしょうか。

今後も太陽光投資については、全国的な規模で展開されるようになるのではないかと予測されています。そのため、現在よりも高い頻度でこのような投資の取り組みが実現されるものと見込まれており、幅広い業界や業種での関心が示されるでしょう。また、幅広いエリアで太陽光発電への投資が検討されたり、実際に投資が展開されたりする可能性も、次第に向上すると推測されています。初めて太陽光発電に対して投資をする人の存在も少しずつ増加することが想定されており、この一連の動向がより熱を帯びてくるのではないかと期待が示されています。